キャッシング業者比較

アイフル│金利・審査・在籍確認・口コミ・即日入金?

アイフル株式会社の運営する「アイフル」の基本情報から、申込から融資まで日数や必要書類などの手続きの流れから、電話での在籍確認の有無や繰上返済などまで詳しく解説していきます。

カードローン界隈では珍しい、消費者金融として創業し、銀行系グループにも属することなく、消費者金融としての50年以上に渡り営業を続けているのが、この「アイフル」。

アイフルのポイント

  • 在籍確認は書類提出!電話なし!
  • 初回30日間無利息!
  • 金利は他社同等水準
  • 即日融資対応

【基本情報】アイフル

アイフルの情報を表にまとめながら、解説していきます。
まず、運営元である「アイフル株式会社」の会社概要・免許番号がこちらです。

【 アイフル 】
基本情報
運営 アイフル株式会社
本店所在地 〒600-8420
京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
設立 1967年
株式上場 東証一部(8515)
加盟信用
情報機関
CIC
JICC
貸金業登録番号 近畿財務局長(13)第00218号
日本貸金業協会
協会員番号
第002228号

プロミス・アコム・レイク・モビットなどが全て銀行系グループに属しているのに対し、アコムは大手消費者金融の中では、珍しく、独立系。

2000年代初頭には、強引な営業や懲罰的・暴力的な取り立てが問題となり、営業停止に追い込まれた過去を持つ業者。
そんなアイフルが今でも営業を続けられているのは、営業・取り立てなどの諸問題において、真摯に改善に取り組んだ結果と言えるでしょう。

最近では、法改正もあり、悪質・強引な営業や取り立ては法令で規制されております。
法改正や各種団体が2000年代に消費者保護の動きを強めた甲斐もあり、2005年当時「アイフル被害対策全国会議」というものがありましたが、昨今ではこうした特定の消費者金融に対する団体はなくなっています。
参考:全国クレサラ・生活再建問題対策協議会

【借入関連】利息・返済方式・返済日など

つづいて、アイフルの借入・融資に関する諸条件などを表にまとめていきます。

【 アイフル 】
借入・融資
実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
利息無料期間 30日
利息無料条件 初回限定
(無担保キャッシングローン)
借入金の
受取方法
・銀行振込
・ATM出金
遅延損害金
(延滞利息)
20.0%

アイフルの金利は、3.0%18.0%となっていますが、最低金利は利用実績が豊富かつ、借入額が高額な場合などのみで、通常3.0%の金利が適用されることはほぼありません。

特に、初回申込の場合は、18.0%の利率が適用されますので、返済シミュレーションをする際には、18.0%で計算しましょう!

【返済関連】返済方法・返済期日・返済日など

アイフルでの返済に関する項目をまとめて解説していきます。

【 アイフル 】
返済
返済方法 ・コンビニ
・銀行ATM
・アイフルATM
・銀行振込
・口座振替
返済方式 残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済日 自分で指定可能
繰上返済 可能
一括返済 可能
繰上返済手数料 無料

一部キャッシングやローンなどでは、繰り上げ返済や一括返済に際して、「繰上返済手数料」が掛かることがありますが、「アイフル」では繰上返済や一括返済に際して、手数料を請求されることはありません。

繰上返済・一括返済に掛かる手数料は無料ですし、好きなタイミングで繰上返済が可能です。

【申込み関連】申込方法・手続き・必要書類

アイフルでの借入申込・手続きの流れ・必要書類などについて解説していきます。

【 アイフル 】
申込関連
申込方法 WEB
電話
無人店舗
店頭窓口
必須書類 本人確認書類
利用可能な
本人確認書類
(WEB申込)
運転免許証
マイナンバーカード
住民基本台帳カード
特別永住者証明書
在留カード
【副書類】
現住所が本人確認書類
の記載と異なる場合
保険証
年金手帳
公共料金の領収書
【収入証明書類】
・融資が50万円を超える
・他社合計100万円を超える
上記に該当する場合のみ
源泉徴収票
住民税決定通知書
給料明細書
確定申告書
所得証明書
※給料明細は直近2ヶ月分

提出する本人確認書類は、希望の借入額や本人確認書類と現住所の状況などにより、変化します。

【ケース別】自分はどの書類が必要?

上記でご紹介した通り、借入条件や身分証などにより、副書類や収入証明書類の提出が必要となります。
ケース別に、必要な提出書類をまとめて、ご紹介していきます。

借入額が50万円未満の場合

今回のアイフルでの借入額が50万円未満かつ、他社の借入額と今回の借入額を併せて100万円未満の場合、本人確認書類のみの提出でOKです。
この場合、収入証明書類の提出は必要ありません。(あくまでも法的には。)
※審査内容によって、より詳細な収入状況を判断しなくてはならない場合、提出を求められるケースも普通にあります。

借入額が50万円未満の場合
本人確認書類 のみ

※本人確認書類記載の住所と現住所が異なる場合には、副書類の提出も必要

借入額が50万円以上の場合

今回のアイフルでの借入額が50万円を超える場合、本人確認書類に加えて、収入証明書類の提出が必須となります。

借入額が50万円を超える場合
本人確認書類 + 収入証明書類

※本人確認書類記載の住所と現住所が異なる場合には、副書類の提出も必要

他社借入+今回の借入の合計が100万円を超える場合

すでに他社からの無担保借入がある状態で、今回のアイフルでの借入額と合わせて、合計100万円を超える場合、「本人確認書類」に加えて「収入証明書類」の提出が必須となります。

他社借入額と今回のアイフルでの借入額を併せて100万円を超える場合
本人確認書類 + 収入証明書類

※本人確認書類記載の住所と現住所が異なる場合には、副書類の提出も必要

【電話関連】職場・自宅・実家への電話など

つづいて、アイフルからの電話連絡などに関して、解説していきます。

【 アイフル 】
電話関連
在籍確認
(勤務先への電話)
なし
電話での
融資相談
可能

アイフルでは、在籍確認の電話を基本的にしない方針となっており、給料明細などの書類提出によって在籍確認を行います。

在籍確認が書類提出で済むのもアイフルの強みの一つとなっています。

アイフルの在籍確認を回避する方法は?

通常、キャッシングにおいて勤務先への電話「在籍確認」は避けては通れません。
しかし、アイフルでは、在籍確認を書類提出で行いますので、在籍確認の電話が勤務先にかかってくることはありません。

大手消費者金融においても、「アイフル」と「モビット」以外では、電話による在籍確認が基本となっています。
大手で言うと、「プロミス」「アコム」「レイクALSA」が、電話での在籍確認を基本としています。

no image
参考【会社への電話なし!】在籍確認なしで借りれるキャッシング業者

当記事では、キャッシングにおいて避けては通れない「在籍確認」が不要のキャッシング業者をまとめていきます!キャッシング業者の中でも、勤務先への電話での在籍確認を不要としてくれるキャッシング業者も一部ありますので、「勤務先へ ...

続きを見る

【即日融資】入金は即日?翌日?

「いますぐ即金が必要!」という方にとって重要なポイントである、「アイフルは即日融資に対応しているのか?」という点を解説していきます。

【 アイフル 】
即日融資
即日融資(平日) 対応
即日融資(土日祝) 対応
来店 不要(WEB完結)

アイフルは即日融資に対応!平日のみならず、土日祝日の即日融資に対応している為、急な出費にも対応できます。

即日融資対応のキャッシング業者一覧【WEB完結】

【注意】審査時間は24時間ではない

アイフルでの審査時間は、「9:00~21:00」となっています。
夜21:00以降、朝9:00までの申込は、翌営業日の審査となりますので、即日融資は不可となります。

即日融資をご希望の場合には、遅くとも夕方ぐらいまでには申込を済ませたい所です。
提出書類の画像不鮮明などによる、やり取りが発生することを考えると、早め早めの申込がオススメです。

アイフル公式サイト
https://www.aiful.co.jp/

アイフルは即日入金対応?

アイフルは、即日入金に対応しています。土日祝日においても、即日融資対応ですので、急な出費があったときにオススメのキャッシングです。
上記で解説しました通り、審査時間内の申込かつ、審査が問題なく通過すれば、申込当日に指定口座へ借入金が振り込まれます。

【結論】審査の早さ・在籍確認不要が魅力の「アイフル」!

アイフルは、電話による在籍確認が不要な点が最大の強みであり、土日祝日の即日融資に対応している点も魅力となっています。

2005年ごろ、営業や取り立てに関して、一通り問題となった企業だけに、取立てに関して不安点を抱いている方もいらっしゃるかもしれませんが、現在では、貸金業法で厳しく取り立てに関する定めがありますので、ヤミ金のような悪徳業者を除いて、すべて法令遵守した取り立てしか出来ません。

昔のような、悪質な取り立て、脅迫めいた取り立て、夜間の電話・FAX・訪問などは一切できなくなっていますので、ご安心ください。

アイフル公式サイト
https://www.aiful.co.jp/

-キャッシング業者比較
-, , , ,